【墨汁速報】ビットコイン投資家に警告 アンチビットコインで有名なイングランド銀行 新任総裁  

ビットコイン(BTC)
この記事は約2分で読めます。

イングランド銀行に17日付けで総裁として就任するAndrew Bailey氏はビットコイン投資家に対して警告を行った。Bailey氏によると「(ビットコインへの投資は)すべての資産を失うことになる身構えが必要だ」という。

副総裁「ビットコイン購入はギャンブルと同じ」

イングランド銀行はイギリスの中央銀行であり、Andrew Bailey氏は2013年4月から2016年7月まで副総裁をつとめ、ビットコイン嫌いでも有名である。2020年3月17日付けで新たにイングランド銀行の総裁へと就任するBailey氏は、ビットコイン価格が最高値230万円を記録した2017年12月、BBCのインタビューに対し

「ビットコインを購入するということは、ギャンブルをしているのと等しいことだ。ビットコインは通貨ではなく、BTC価格からみて非常にボラティリティの高いコモディティである。」

と述べていた。

ビットコイン投資家への警告

Bailey氏は4日、英国議会において

「ビットコインの価値には保証はない。公の場でこのような発言をするのは、”もしビットコインを購入する場合、その元本をすべて失う可能性がある”という懸念があるからだ。もしビットコインを購入したいならば好きにするといい、だがBTCには本質的な価値は無いということを理解しておくべきだ。ビットコインには非本質的な価値はあるかもしれないが、本質的な価値はない」

と述べ、”ビットコインは普及していない”と付け加えている。米国のステートストリートやスペインのサンタンデール銀行のようにビットコインやイーサリアムを新たな資産と捉え、実証実験を行うバンカーがいるのに対し、Bailey氏のような厳しい味方のバンカーも多いようだ。

だが今後の時代の流れによってはビットコインの”本質的な価値”を証明していくことになるだろう。

 
タイトルとURLをコピーしました