コインベースウォレットに仮想通貨レンディングの新機能、複数のDeFiアプリと連携し、金利管理が容易に

仮想通貨ニュース
この記事は約1分で読めます。

米大手仮想通貨取引所コインベースは26日、複数のDeFi(分散型金融)アプリと連携し、仮想通貨の貸出が直接行えるようになったと発表した

ユーザーはウォレット上でスマートコントラクトのプロバイダーを選択し、任意のDeFiプラットフォームに仮想通貨を投資できる。

これまでにウォレットに組み込まれた機能やウォレットリンク機能によってDeFiプラットフォームに接続していたが、今後はコンパウンド(Compound)やdYdXといったプラットフォームをコインベースウォレット内で利用できるようになる。これにより、レートを比較したり、残高を表示したりできるようになった。

発表によると、iOSユーザーに今週中に機能が追加され、アンドロイドユーザーは来週以降に実装される。

危険性周知も

一方で、コインベースは投資家に対し、DeFi製品はまだ新しく、比較的リスクが高いため、注意する必要があると警告した。

「DeFiのレンディングアプリは初期段階であり、リスクを伴うことに注意が必要です。」とし、「バグがあるため、資産を失う可能性がある」と注意喚起。そして利益は保証されておらず、預金も保護されないと加えた。

タイトルとURLをコピーしました