仮想通貨取引所バイナンス、コインマーケットキャップ買収で合意

仮想通貨ニュース
この記事は約2分で読めます。

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、世界で最も有名な仮想通貨データサイトのコインマーケットキャップ(CMC)を買収することで合意したと発表した。バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)はバイナンスとCMCは「仮想通貨へのアクセス」を提供するという点で似ており、仮想通貨業界の透明性を高める上で相乗効果を期待できると述べた。

買収額は4億ドル(約428億円)と一部で報道されているが、CZはコインテレグラフに対して秘密保持契約のため金額は明かせないと述べた。CZによると買収交渉は過去2、3ヶ月間に及んだ。

CMCは、引き続き独立したビジネスとして運営する。CZは「バイナンスはコインマーケットキャップのランキングには関与しない」と強調。「コインマーケットキャップは、「バイナンスから専門性やリソースの恩恵を受ける一方で引き続き最も正確でタイムリーで質の高い仮想通貨データ提供にコミットする」と話した。

ただ、CMCの創業者であるブランドン・チェズ氏はCEOを退任し、現在のCSOであるキャーリン・チャン氏が暫定的なCEOとなる。チャン氏はコインテレグラフに対して「少なくとも今後2、3ヶ月はチームに変更はないだろう」と述べた。

バイナンスによる買収の前CMCは資金面での苦戦が報じられていた。2019年10月、チャン氏はCMCは資金調達をする予定はなく「自力で困難を乗り切ってスケールする」と話していた。

タイトルとURLをコピーしました