仮想通貨取引所バイナンスやビットメックス親会社など7社に集団訴訟、無許可で証券販売=クレイグ・ライト氏訴訟と同じ法律事務所

仮想通貨ニュース
この記事は約1分で読めます。

法律事務所ロシュ・フリードマンが、バイナンスやKuコイン、ビットメックスの親会社HDRグローバルトレーディング社など7社に対し、無許可で証券を販売し、市場操作しているとして11件の集団訴訟を起こしたニューヨーク連邦地裁に訴状を提出した。

ロシュ・フリードマンは、ナカモト・サトシを自称するクレイグ・ライト氏と係争中の故デイブ・クライマン氏側を担当している法律事務所。

この集団訴訟はバイナンスなどの他にBiBox、Block.one、Quantstamp、KayDex、Civic、BProtocol、Status、Tron財団などが含まれている。

訴状ではバイナンスのジャオ・チャンポンCEOやCivicの共同創業者であるヴィニー・リングハム氏なども名指しされている。

タイトルとURLをコピーしました