「金のなる木はない」マイク・ノボグラッツ、仮想通貨ビットコインを買い続けていることを明かす

仮想通貨ニュース
この記事は約1分で読めます。

米仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタル創業者のマイク・ノボグラッツ氏は、4月7日に米主要経済番組CNBCに出演して株ではなくてビットコインを買うように呼びかけた。

ノボグラッツ氏は、新型コロナウイルスの感染者拡大が鈍ったことなどに対する楽観論から米株式市場が回復していることについて「ショートカバーにすぎない」と指摘。「1日か2日後に人々は再び売り始めるだろう」と予想した。

私は子供の頃、金のなる木はないと教わった。そして今、世界でマネー印刷パーティーが起きている。ある時点で自分たちの身に跳ね返ってくるだろう。私はハードマネーこそが買いだと思う」

元ゴールドマンサックスのパートナでもあるノボグラッツ氏は、その上で、ビットコインと金(ゴールド)への投資を勧めた。

「私はビットコインの大きなポジションを持っている。そして今後も買い続けるだろう」

米国株式市場の回復を疑問視する投資家は少なくない。

2月の時点で3月のマーケット崩壊を予測していた米ヘッジファンド「サトリファンド」のマネジャーのダン・ナイルズ氏は、4月2日、クライアント向けのメモの中で、今後米株はさらに30%下落して底をつけると予想した

タイトルとURLをコピーしました