半減期控える仮想通貨が急騰 ビットコインキャッシュ・SVの高騰理由に2つのポイント

注目ニュース
この記事は約4分で読めます。

BCH・BSV急騰、半減期意識

仮想通貨(暗号資産)市場で、半減期を控えるビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインSV(BSV)が急騰。一時、前日比でBCHが9%高、BSVは15%高を記録した。

 

出典:CoinMarketCap

米国株式やゴールド市場を意識し、金融市場の戻り待ちや利益確定の売りに押された展開で小反落していたビットコインも、2銘柄の高騰を受け連れ高したが、BCHとBSVの騰落率は際立って高い数値を記録している。

高騰の理由は、主に以下の2点だ。

  • 半減期前の注目上げ
  • マイナーのハッシュレート移行期待

当該2銘柄は、半減期を2日に控える仮想通貨で、ビットコインキャッシュは日本時間本日(8日)22時〜23時頃。ビットコインSVは4月10日前後(推定予定日)に半減期を予定する。

半減期では、12.5のコインから6.25に減少することで、需給関係が目前に変わることを中長期で市場が意識するファンダメンタルズ材料だ。仮想通貨市場特有の指標で、注目度も高いことから、半減期前後の値動きには過去の再現性も意識される。

半減期前後の値動き

主な、半減期の流れとして投資家が注目するのは、①半減期に向けた期待上げフェーズと、それに伴う事実売りフェーズ。また、②半減期後の需給変化を伴う上昇のフェーズの2パターン。これを2016年のビットコイン半減期に落とし込むと以下のようになる。

 

出典:TradingView

半減期前の上昇が顕著に現れたケースでは(今回はこのパターンではない)、半減期前に利確売りが発生しており、半減期前2週間ほど、下落する傾向がある。

一方、今回の半減期の注目上げは、2016年のビットコインや2019年のライトコインでも確認されたパターンで、半減期直前に再び買いが先行する。

ライトコインの半減期時は特に顕著で、半減期前24時間で最大15%ほどの単独上げが確認された。今回のBCH、BSVと同様の値動きだ(以下のチャート参照)

マイナーのハッシュレート移行期待

今回の半減期は、初めてビットコインとビットコインキャッシュ、ビットコインSVが同一ブロック数で半減期を迎える。

SHA-256アルゴリズムを採用するBTC、BCH、BSVについては、マイナーは同一マシンを用いて任意にマイニングする通貨を選択することができるが、先に半減期を迎える通貨は、マイナー報酬で劣勢に立たされるため、経済的合理性に基づき事業を進めるマイナーが他のチェーンに移る可能性が指摘されている。

これが、ビットコインSVが特に顕著な高騰を記録した理由と読むことができる。

マイニング機器商社BlockwareのCEO、Matt D’Souzaが、現ハッシュレートと価格から半減期後の1マシンあたりの日平均売り上げを試算した内容は以下の通り。(S17+、67T)

  • ビットコイン:8.72ドル
  • ビットコインキャッシュ:8.67ドル
  • ビットコインSV(BSV):9.02ドル

D’Souzaは、現時点で収益性がある程度均衡している状況で、先に半減期を迎える通貨からハッシュレートの一部が、他のネットワークに移る可能性があると見ている。

具体的には、本日行われるビットコインキャッシュの半減期後は、BTCとBSVチェーンに。BSV半減期後はBTCチェーンに移る『プロトコルアービトラージ』が可能になると指摘する。

また、仮に全てのハッシュレートがビットコインマイニングに移行された場合は、ビットコインネットワークの採掘難易度が約5.2%上昇する試算になるという。

一方、実際BCHとBSVはコミュニティ基礎が大きく固いことから、経済的合理性だけで動くマイナーだけではないと指摘。大幅なハッシュレート移転は予想されず、約1%〜2.5%に留まるのではないか、D’Souzaは説明する。

この試算状況から、ビットコインキャッシュの半減期が、短期的なビットコインSVの材料になっている可能性が見て取れる。

BCH・BSVの相関性

仮想通貨取引所バイナンスのリサーチ部門が報告した内容によると、ビットコインSVとビットコインキャッシュの相関係数は0.73。

相互に値動きが相関する状況も、今回の連れ高につながった可能性もある。

 

出典:バイナンスリサーチ

タイトルとURLをコピーしました