ハッキング

注目ニュース

エストニアの仮想通貨取引所でハッキング隠蔽の疑い 複数銘柄で流出の可能性も

取引所がハッキングを隠蔽か?北欧エストニアに拠点を置く仮想通貨取引所「Crex24」で、仮想通貨の流出被害を隠蔽していた可能性が浮上した。ブラジルのメディアLivecoinsが報告書を公開、被害額や被害銘柄など、正しい情報を隠蔽している可能...
Ethereum(ETH)

bZxで再び攻撃被害 被害額は約7000万円の仮想通貨イーサリアム

bZxで再び攻撃被害DeFiのレンディングプロトコルであるbZxが再び攻撃を受けたことがわかった。新たな被害額は2388ETHで約64万5000ドル(約7000万円)相当になる見込みだ。bZxの共同設立者KyleKistner氏は今回の事件...
仮想通貨ニュース

北朝鮮のネット利用が300%増、仮想通貨使った収益増加目的か【ニュース】

北朝鮮のインターネット利用が過去3年間で増加し、同国の仮想通貨を使った犯罪に影響していることを指摘するレポートが公表された。 北朝鮮のインターネット利用&#...
ブロックチェーン

ハッカーグループが米法律事務所5社を攻撃、それぞれ計200ビットコインの身代金を要求【ニュース】

ハッカーグループ「Maze」が、米国の法律事務所5社に不正アクセスし、各事務所に対し100ビットコイン(約93万3000ドル=約1億円)超の身代金2件を要求した。サイバーセキュリティ企業Emsisoftがコインテレグラフに共有したデータによる。5社のうち2社が2月1日に向けての24時間以内にハッキング被害にあった。 ハ&#...
アルトコイン

イーサリアム、Upbitで53億円ハッキングにも関わらず上昇

27日に342,000ETH(当時約4,900万ドル相当:日本円で約53億円)が韓国の仮想通貨取引所「Upbit」から盗まれた後、市場は一時急落した。 Upbitのサポートページによると、11月27日の約13:06(KST)に、342,000ETHがUpbit Koreaのイーサリアムホットウォレットから匿名のウォレットアドレス(0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd...
仮想通貨全般/経済

ビットポイントがハッキング被害、35億円相当の仮想通貨が不正流出

株式会社リミックスポイントは12日、子会社である仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京・港区)が運営する「BITPoint(ビットポイント)」にて、仮想通貨の不正流出があったことを発表した。 ビットポイントは午前6時30分から送金、受金のサービスを停止、全てのサービスを同日10時30分から停止しており、サービス再開の目処はまだ発表されていない。 不正流出は恐らくハッキングに寄るものと見ら...
仮想通貨全般/経済

ハッキング被害を受けた仮想通貨取引所バイナンスは14日入出金再開予定

先週ハッキング被害を受け、約44億円の仮想通貨ビットコインが流出してしまった仮想通貨取引所バイナンスは入出金サービスを一時停止している。 CEOのジャオ・チャンポン氏(CZ)により、明日5月14日に入出金サービスを再開する予定しているとバイナンスのウェブサイトにて発表があった。 我々チームは進捗を遂げており、週末を通して作業を続けてきました。この数日間に私たちはシステムにいくつかの重要なオーバ...
ビットコイン(BTC)

仮想通貨取引所バイナンスがハッキング被害により約44億円が流出、損失額はSAFUファンドで補填できるとCEOがツイッターで生回答

世界最大級の仮想通貨取引所「バイナンス(Binance)」は7日、大規模なセキュリティー侵害に合い、7,000BTC(約44億円相当)のハッキング被害を受けたことを公表した。 被害を受けたのはバイナンスのホットウォレットに保有してあったビットコインであり、バイナンスの総保有量の2%にあたるとしている。「他の全ての資産は安全」であるとも発表した。 CEOのジャオ・チャンポン氏(通称:CZ)は8日...
仮想通貨全般/経済

国連「北朝鮮がアジアの仮想通貨取引所から635億円を盗んだ」

国連安全保障理事会(安保理)は、北朝鮮が経済制裁を回避し外貨を得るためにサイバー攻撃とブロックチェーン技術を使用したという報告を受けたニュースが物議を醸している。 評議会の年次報告書に先立ち、国連専門家パネルは北朝鮮が外国為替と仮想通貨で約6億7,000万ドル(635億円)をかき集めたと安保理の北朝鮮制裁委員会に報告した。 仮想通貨取引所と金融機関のハッキング 平壌は、核兵器およびミサイル計画...
仮想通貨全般/経済

ニュージーランドの取引所クリプトピアにハッキング被害か!?

15日、日本時間17時頃、ニュージーランドを本拠とする仮想通貨取引所「Cryptopia」(クリプトピア)が不正アクセスを受けたことをツイッター上で発表した。 そのツイートによると14日に不正アクセスを受けたことを認めている。現在同社のウェブサイトは「無期限のメンテナンスモード」としてサイトの取引などサービスにはアクセスできない状態だ。 pic.twitter.com/0ZwqFfwwHi&...
仮想通貨全般/経済

Krakenが最も安全な取引所に。OKex、Huobi Pro、Bitstampは最もリスクが高い?

仮想通貨取引所はハッカーにとって格好のターゲットであるだけに、最も安全な場所に自分の資産を置いておくことは、仮想通貨投資家にとって優先事項となるはずだ。 サイバーセキュリティー会社の「Group IB」による報告書によれば、最も安全な仮想通貨取引所は、長年サービスを提供し米国を本拠とする「Kraken(クラーケン)」だとされている。Grope IBに対する信頼性は以下の通り。 Grope I...
仮想通貨全般/経済

Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新していた

日本の仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社は20日、不正なアクセスによりハッキング被害を受けたことを発表した。 同社の発表によると盗まれた仮想通貨は全部で約67億円、そのうち取引所の資産が22億円、顧客の預かり資産が45億円としている。 盗まれた仮想通貨は、5,966BTC(ビットコイン)で、MONA(モナ)とBCH(ビットコインキャッシュ)については調査中としているが、一部...
仮想通貨全般/経済

韓国大手取引所ビッサムから約35億円が消えた

韓国最大の仮想通貨取引所である「Bithumb」(ビッサム)は、韓国時間19日火曜夕方から水曜の朝までに、35億ウォン(約35億円)相当の仮想通貨が消滅したと発表しました。 その数時間後、資産の保証を約束する文面とともに、そのアナウンスは取り下げられたのです。 (現在は見られないツイート) 韓国のビッサム、コインレイルの次の犠牲者に? 事実であれば韓国のビッサムからは、Coinrail(...
アルトコイン

コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2週間、今一体そのXEMはどこにあるのか? (↓以前の記事では犯人が少量のXEMをランダムなユーザーへ送金している状況までをお知らせしていました。) 開発を行なうNEM財団は、コインチェックがハッキングされた後に、盗まれた資金が追えるように追尾できるモザイク(マーキング)を付け、「ハッカーを見つけ出す。」と声明を発表。事態...
アルトコイン

コインチェックの5.23億XEMの流出の事象、金融庁の業務改善命令まで

先週26日、国内で大きなシェアを誇る仮想通貨取引所から5.23億ネム(XEM)が不正アクセスにより流出するという大事件が起きました。 本ブログ、「トレードビットラボ」ではこの事件について事件発生から今日までの4日間を順を追って書きました。 事件発生の事象 26日正午ごろ、それは突然のアナウンスにより始まりました。 コインチェックの公式より、ネムの入出金、売買停止のお知らせがあったのです。...
ビットコイン(BTC)

北朝鮮、韓国のビットコイン取引所Youbitをハッキングした疑い

今週初めに、韓国の仮想通貨取引所であるYoubit(ユービット)はユーザーの保有する資産の約5分の1を盗まれるという大規模なハッキング被害にあいました。 ※似た名前で、大手取引所Yobit(ヨービット)がありますが、今回の被害を受けた取引所とは全く別です。 ハッキング攻撃の直後、Youbitの親会社であるYapianは破産申請を申し立てました。公式の声明によると無事であった75%の資産について...
ビットコイン(BTC)

ハッシュパワー取引所ナイスハッシュ、6400万ドル相当のビットコイン盗まれる

スロベニアに拠点を置く仮想通貨マイニングのためのハッシュパワー(演算力)を取引するサービスを提供する「ナイスハッシュ」は、セキュリティーの侵害によりウォレットからビットコインが盗まれたと発表しました。 幹部によると、被害は時価にして6400万ドル相当にもなるそう。 ナイスハッシュからまだ振り込まれてなかった一万円分のビットコインが多分消えた— 無糖 (@sg_ls) 2017年12...
タイトルとURLをコピーしました