bakkt

仮想通貨ビットコインのニュース

Bakktの仮想通貨先物、ビットコイン現渡し需要に変化

Bakktの現渡し需要好調Bakktが提供するビットコイン現渡し(現物BTC決済)の先物は3月、強気相場の真っ只中にあたる2月と比較して、現物の受渡し回数が40%以上増加していたことがわかった。Arcaneリサーチのデータで判明した。出典:...
仮想通貨ビットコインのニュース

Bakktの仮想通貨決済アプリ「20年上半期に公開」 NY証券取引所の親会社が発表

Bakktの2020年の取り組みBakktやニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は6日、2019年Q4(10月〜12月)の収支発表を行なった。Q4における1株当たりの利益は、前年比で1%増、...
Bitcoin(BTC)

ダボス会議2020:デジタル通貨・仮想通貨などに関する重要発言まとめ

ダボス会議、重要発言まとめ今月21日から24日の間、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)がスイスのダボスで開催。本記事では、今年のダボスで討論された仮想通貨・ビットコイン、デジタル通貨(CBDC)に関する重要発言をまとめている。また、世...
ビットコイン(BTC)

承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダーが考える今後の見通し

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、現物のビットコインを担保にするBakktのビットコイン先物取引が、当局からOKサインを得られるのはもう間もなくだという。 取引所は、商品先物取引委員会(CFTC)と協力して、同社の事業計画が当局の規制枠組みに準拠していることを確認している。取引所が顧客のビットコインを保全するため、ハッキングが起きた際のサイバーセキュリティ問題や金融負債を...
仮想通貨全般/経済

Bakktに興味を持つ企業はスターバックスだけではない。リップルは宇宙に風穴を

BakktのCEOであるKelly Loeffler氏は、今後予定されている仮想通貨取引所に興味を示しているのはスターバックスだけではないと述べている。 新しいインタビューでLoeffler氏は最近受けたインタビューの中で、顧客に対して仮想通貨のサービスを提供したいと考えている数々の大手企業から話が来ていると明かしている。 (Bakktローンチの公式発表以来)参加したいと考えている他の人から多...
ビットコイン(BTC)

ICEのビットコイン先物「Bakkt」が上場延期

インターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)のビットコイン先物プラットフォームの正式なローンチ日が延期されることが分かった。 同社のブログ記事を通じて火曜日に「Bakkt」については2019年1月24日に延期されると発表があった。 「新しく設けられた上場日までの期間によって、新規契約の取引およびウェアハウジングの開始前に向けて、顧客と先物取引員へ更なる時間の猶予を提供する。」と説明した。 ...
ビットコイン(BTC)

米ICE Bakkt先物が12月に上場か

インター・コンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の先物取引プラットフォームBakkt(バックト)は、12月12日上場と公式発表を行なった。しかし、ビットコイン先物取引には、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認が必要であり、ICE側の公式発表はあったものの、CFTCの承認待ちの形となっている。 Bakkt will officially begin clearing Bitcoin futur...
ビットコイン(BTC)

11月5日はビットコインETFのターニングポイントになるのだろうか?

ビットコイン上場投資信託(ETF)問題は現在、ちょっとした溝にはまって身動きできないかのうようだ。申請は却下され、再提出するも米証券取引委員会 (SEC)によって可否判断期限が先延ばしにされ宙ぶらりんの常態だ。 ビットコインETFが承認されればビットコイン及び仮想通貨市場の発展材料になるのは間違いない。現時点で問題となっているのは、これらの承認にはまだまだ不確実性があるということだ。 たとえ承...
タイトルとURLをコピーしました