Coincheck

貸仮想通貨

コインチェック、貸仮想通貨サービスで新プラン導入 180日間貸付で年率4%の利用料獲得

仮想通貨取引所コインチェックは7日、貸仮想通貨サービスで新しい貸付プランを導入すると発表した。新しいプランは貸付期間が180日間で年率4%の利用料を得ることができる。 仮想通貨取引所コイン|...
警視庁

コインチェックの仮想通貨流出事件で初の逮捕者 流出したNEMを不正取得=FNN

コインチェックの仮想通貨流出事件で初の逮捕者 流出したNEMを不正取得=FNN
Qtum

【速報】コインチェック、仮想通貨QTUMを12日から取り扱い開始

仮想通貨取引所コインチェックは6日、仮想通貨Qtum(クアンタム、QTUM)を3月12日から開始すると発表した。 仮想通貨取引所コインチェック...
クリプト

マネックスの仮想通貨事業、19年10~12月は営業収益4.8億円 | 取引高減少で前四半期比40%減【ニュース】

マネックスグループは31日、2019年10~12月期の決算を発表した。コインチェックで構成するクリプトアセット事業の営業収益は4億8100万円となった。 マネックスグループは31日&#...
iOS

仮想通貨取引所コインチェック、アプリ上で本人確認完結 アンドロイド版で提供開始【ニュース】

コインチェックは29日、アプリ上で本人確認(KYC)を完結させる「かんたん本人確認」の提供を開始したと発表した。アンドロイド版から提供を開始し、2月下旬頃にiOS版の提供を開始する予定だ。 コインチェックは29日...
仮想通貨全般/経済

コインチェックの「レバレッジ取引」サービスが終了

国内の主要取引所であるコインチェック(Coincheck)(東京・渋谷)は16日、「レバレッジ取引」のサービス提供を2020年3月13日(金)12:00をもって終了することを発表した。 現在はレバレッジ取引の新規注文は停止、取引履歴については引き続き閲覧可能としている。 同社は現在ポジションを持っているユーザーは、期日までに全てのポジションを決済して、レバレッジアカウントの日本円残高を取引アカ...
仮想通貨全般/経済

コインチェックがIEOプラットフォームサービスを検討開始

マネックスグループの子会社である、仮想通貨取引所を運営するコインチェック(Coincheck)は22日、「ユーティリティ・トークンによる資金調達支援事業の検討を開始」すると発表した。 トークンによる資金調達を仮想通貨取引所が支援する事業を「IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」と呼ぶ。 企業やプロジェクト等の発行体そのものがユーティリティ・トークンを電子的に発行することで資金...
仮想通貨全般/経済

コインチェック遂に金融庁で正式登録、NEM不正流出事件から1年

金融庁は11日、仮想通貨取引所コインチェックに対し、仮想通貨交換業のライセンスを付与したことを発表した。 また、コインチェックは自社のホームページでもその内容を発表している。 コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:勝屋敏彦、以下:当社)は、2019年1月11日に資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了しましたので、お知らせいたします。 コ...
仮想通貨全般/経済

コインチェック新規口座開設再開、松本CEO「早期に黒字化するだろう」

30日、東京に本社を置くコインチェック株式会社は、新規口座開設に加え、一部の仮想通貨の入金・購入を再開すると発表した。 同社は1月に起きたハッキングによる資産不正流出事件以降、新規口座の開設は受けていなかった。このたび9ヶ月ぶりの新規ユーザー受け入れを再開し、完全復活へ向けての大きな一歩を踏み出した。 新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ Coincheck(コインチェック) ...
アルトコイン

コインチェックから盗まれたXEM、犯人が交換所を立ち上げ!?

コインチェックから580億円相当の仮想通貨「XEM」が盗まれてから約2週間、今一体そのXEMはどこにあるのか? (↓以前の記事では犯人が少量のXEMをランダムなユーザーへ送金している状況までをお知らせしていました。) 開発を行なうNEM財団は、コインチェックがハッキングされた後に、盗まれた資金が追えるように追尾できるモザイク(マーキング)を付け、「ハッカーを見つけ出す。」と声明を発表。事態...
タイトルとURLをコピーしました